スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄県市長会が普天間の県外移設要求(産経新聞)

 沖縄県の11市長で作る沖縄県市長会の翁長雄志(おなが・たけし)会長(那覇市長)は19日、市長会として米軍普天間飛行場(同県宜野湾=ぎのわん=市)の国外・県外移設を求める要請決議を、大島敦内閣府副大臣(沖縄担当)に手渡した。決議は今月5日に全会一致で可決。鳩山由紀夫首相、岡田克也外相、北沢俊美防衛相らに対し、普天間飛行場の早期閉鎖・全面返還と、米軍キャンプ・シュワブ(名護市)陸上案など県内移設案の撤回を求めている。

高齢者虐待、防止に加え「対応」手順書も作成―栃木県(医療介護CBニュース)
死者96人、初の2けた=飲酒運転の事故も大幅減-春の交通安全運動中・警察庁(時事通信)
北日本や北陸、15日にかけて大荒れの天気(読売新聞)
5613匹 春風に泳ぐ 「世界一こいのぼりの里まつり」(産経新聞)
明石歩道橋事故 元副署長を聴取 指定弁護士 録画・録音の方針(産経新聞)

ネット利用した選挙運動、参院選から解禁へ(読売新聞)

 民主党は16日、夏の参院選から政党と候補者のホームページ(HP)やブログを選挙運動に利用できるよう、今国会で公職選挙法を改正する方針を固めた。

 電子メールは中傷や「なりすまし」の可能性があるとして先送りする。

 与野党とも基本的に同調しており、インターネットを利用した選挙運動の解禁が今国会で実現する公算が大きい。

 参院の与野党政策責任者らは16日、国会内で同改正案を巡って初めて意見交換し、与野党の協議機関を設ける方向で一致した。民主党は、総務省や選挙管理委員会などの準備期間を確保するため、会期延長しない場合の参院選公示日(6月24日)の1か月前となる5月24日までに、全会一致での法改正を実現させたい考えだ。

 民主党は当初、HPやブログのほか、電子メールを使った選挙運動も解禁する考えだった。しかし、現在の選管などの体制では、メール送信者のなりすましや誹謗(ひぼう)・中傷などを監視できないとして、今回は解禁を見送る。

 簡易投稿サイト「ツイッター」の利用はさらに検討する。

 民主党の小沢幹事長は16日、松山市での記者会見でネット選挙の解禁について「各党が進めようということであれば、そういう方向でいいのではないか」と語った。

博多湾で人の頭部見つかる…諸賀さんか(読売新聞)
<プラダジャパン>元部長が解雇無効の確認など求める(毎日新聞)
<手塚治虫文化賞>マンガ大賞に山田芳裕さん「へうげもの」(毎日新聞)
「夢の宇宙」支えた家族=入浴剤、そばで出迎え-山崎さん、今夜帰還(時事通信)
中垣喜彦・石炭エネルギーセンター会長 日本の石炭火力技術で温暖化対策に貢献を(産経新聞)

普天間問題で協力求める 日米非公式首脳会談で鳩山首相(産経新聞)

 【ワシントン=酒井充】訪米中の鳩山由紀夫首相は12日夜(日本時間13日午前)、核安全保障サミットの夕食会でオバマ米大統領との非公式会談に臨み、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について「沖縄の負担軽減が日米同盟関係の発展に大変大事だ。オバマ大統領もぜひ協力をお願いしたい」と述べ、5月末までの決着に理解を求めた。具体的な移設先については触れなかった。

 非公式会談は約10分間行われた。夕食会後、首相は記者団に対し、「5月末までに決着するとの思いのもとで努力すると申し上げた」と説明。オバマ大統領の発言については「申し上げるべきではない」と明言を避けた。

【関連記事】
普天間「県外軸に機能移転」官房長官、沖縄県議会議長に
鳩山首相、内閣支持率低迷も「改革の方向、絶対間違っていない」
社民、普天間移設でテニアン市長らと意見交換
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」
首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで
外国人地方参政権問題に一石

小沢氏、訪米見送りを正式表明(時事通信)
暴力団関係を名乗る男、NHKに抗議電話(読売新聞)
<栃木県知事>「ゆるキャラ」と番組撮影 県の魅力発信(毎日新聞)
過労死控訴 障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決(毎日新聞)
<B型肝炎訴訟>原告団が和解勧告受け入れ確認

ヒト属祖先? 新種猿人 南アフリカ、190万年前の化石(産経新聞)

 南アフリカの洞窟(どうくつ)で、190万年前ごろの猿人の化石が発見された。この化石は猿人から原人への進化の過渡期的な特徴を持ち、現生人類(ホモ・サピエンス)を含むホモ(ヒト)属の祖先にあたる可能性があるという。南アフリカ、米国などの国際研究チームは新種の猿人として「アウストラロピテクス・セディバ」(セディバ猿人)と名付け、8日付の米科学誌「サイエンス」に発表した。

 現生人類やネアンデルタール人、ジャワ原人などが含まれるホモ属は、およそ200万年前にアウストラロピテクス属の猿人から進化したという説が有力だが、その起源はよく分かっていない。

 研究チームは2008年8月、195万~178万年前の洞窟堆積(たいせき)層から、2体の部分的な化石骨を見つけた。30歳前後の女性と8~9歳の少年と推定され、身長はともに約130センチ。寄り添うような発掘時の状態などから、ほぼ同時に死亡したとみられる。

 頭蓋(ずがい)骨の大部分や骨盤、足首など見つかった化石の状態は良好で、研究チームは、脳の容量や上半身の骨格からアウストラロピテクス属の猿人と分類。歯の大きさや骨盤など初期のホモ属と同じ特徴がみられることから、ホモ属の祖先である可能性があるとした。

 年代的には、代表的なアウストラロピテクス属のアファール猿人よりも約100万年新しい。この時期の化石資料は極めて乏しく、今回の発見は猿人からホモ属の原人への進化の過程を探る手がかりになりそうだ。研究チームは「樹上生活が多く小柄だった祖先(猿人)から、大柄で完全二足歩行動物となったホモ属へと、徐々に進化を遂げていったことが、今回の発見で明らかになった」としている。

<雑記帳>慶大SFCが設立20周年の記念式典(毎日新聞)
閣僚記者会見「開放」進む ネットから大臣へ“ヤジ”(産経新聞)
野生復帰で初誕生のコウノトリ、不明3か月(読売新聞)
<転落>弟が海に 助けに飛び込んだ小5男児死亡 佐賀(毎日新聞)
覚醒剤密売人の被告 「子供と住もうと」裏稼業ズルズル(産経新聞)

強盗殺人未遂容疑で男を逮捕=景品交換所に発砲-福岡県警(時事通信)

 福岡県大牟田市のパチンコ店景品交換所で1月、男が拳銃を発砲した強盗未遂事件で、県警大牟田署などは2日、強盗殺人未遂などの容疑で、同市新地町、無職中垣朝晴容疑者(60)を逮捕した。同署によると、「事件は起こしてない」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は、1月24日午前10時35分ごろ、大牟田市北磯町のパチンコ店景品交換所で、男性従業員(59)に拳銃を向けて「金を出せ」と脅迫。物陰に隠れた従業員に向けて1発発砲した疑い。弾は外れたため従業員にけがはなかった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
シー・シェパード活動家を起訴=艦船侵入、傷害罪でも
闇サイトに「ネットハンター」=潜入捜査、違法行為を摘発
竪山容疑者を追起訴=女性への強盗致傷、窃盗で
服役中の男に死刑求刑=薬局経営女性の強盗殺人

【キブンの時代】第2部 危険はどこに(1)新型インフル「偏執病」(産経新聞)
首相「勝場君は、私がいなければ罪犯さなかった」(読売新聞)
子ども手当は「不要」=自民、民主政策を逆仕分け(時事通信)
<防犯カメラ>JR埼京線とりんかい線で増設…痴漢被害多発(毎日新聞)
長官銃撃「教団内にうわさもなかった」…元オウム(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。